ニコニコアップル

 ニコニコアップル研究会
旧特栽研究会(サンふじ)
コープ九州では、アメリカ環境保護局及び国際ガン研究機関の発ガンリスクデータを基に、使用規制農薬の自主基準が、作成されました。
これに伴い、会員を募り、Aランク指定農薬の使用禁止及び除草剤の使用制限を行なうことに賛同される栽培者で、構成されています。
 
   
 
 ニコニコアップルとは・・・・・・・・・・・安全!
<ニコニコサンふじのこだわりの栽培方法とおいしさの秘密>

信州中野は長野県の北部に位置し、高社山の裾野にあるため、水はけが良い事と、昼夜の温度差が大きいことから濃厚で甘みと酸味のバランスが良く、シャキシャキと歯ごたえのあるサンふじになります。

サンふじの名前の由来は、栽培の際にりんごに袋をかけないため、太陽の光をいっぱいに浴びて栽培することから「サンふじ」となりました。

安心安全な美味しいりんご作りを目指すために取り組んでいること!

①サンふじ本来の味を追求するため、40玉・36玉の適玉サイズを目標にしています。

(26玉より大きいサイズのりんごは、ニコニコサンふじとしては出荷しておりません。)

②コープ九州では、アメリカ環境保護局及び国際ガン研究機関の発ガンリスクデータを基に、使用規制農薬の自主基準が作成されました。これに伴い会員を募り、Aランク指定農薬の使用禁止及び除草剤の使用制限を行なうことに、賛同される栽培者で構成されています。

(通常のりんご栽培より厳しい農薬の薬剤制限(減農薬栽培)をかけております。また、除草剤の使用は5月までとして、以降は使用しておりません。)

③りんご収穫の解禁日をニコニコサンふじグループの中で設けて、解禁日からできるだけ早く出荷できる段取りで作業を行います。